PS4版『サイバーパンク2077』はPS5でも起動可能……無償の次世代機版アップグレードにも対応 | GameBusiness.jp

PS4版『サイバーパンク2077』はPS5でも起動可能……無償の次世代機版アップグレードにも対応

『サイバーパンク2077』のPS5後方互換が判明!後日次世代機版への無料アップグレードも

企業動向 戦略
PS4版『サイバーパンク2077』はPS5でも起動可能……無償の次世代機版アップグレードにも対応
  • PS4版『サイバーパンク2077』はPS5でも起動可能……無償の次世代機版アップグレードにも対応
CD Projekt REDは、発売延期を発表したばかりの『サイバーパンク2077』に、PlayStation 5でPS4版が起動できる後方(下位)互換性があること明らかにし、さらに次世代機版への無償アップグレード対応も予定していること発表しました。


この情報は『サイバーパンク2077』の公式Twitterアカウントで発表されたもので、ツイートによれば、PS4版を所持しているユーザーはPS5の発売日からそのままゲームを起動できる(後方互換)とのこと。また、後段のツイートでは次世代機版も追加費用なしで利用できることも明かされています。


なお、既にXboxの「Smart Delivery」(XB1/XSXのどちらかのバージョンを購入すれば両機でプレイ可能な仕様)に対応することを発表しているため、PlayStation/Xboxの両ハードとも、現行機版を購入したユーザーは無償で次世代機版をプレイできることになります。ただし、両次世代機対応にはアップデートの必要があるということで、当面は後方互換でのプレイとなり、後に次世代機に最適化された状態でプレイできるとのこと。

『サイバーパンク2077』は、PS4/Xbox One/Windows(Steam/GOG.com)向けに11月19日発売予定です。
《宮崎 紘輔@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら