イギリスで新型コロナと戦う医療関係者へ85,000本を超えるゲームを提供する「Games For Carers」開始―大小さまざまなゲーム会社など協力 | GameBusiness.jp

イギリスで新型コロナと戦う医療関係者へ85,000本を超えるゲームを提供する「Games For Carers」開始―大小さまざまなゲーム会社など協力

医療関係者が少しでも家でリラックスできるようにする目的があるようです。

文化 寄付
イギリスで新型コロナと戦う医療関係者へ85,000本を超えるゲームを提供する「Games For Carers」開始―大小さまざまなゲーム会社など協力
  • イギリスで新型コロナと戦う医療関係者へ85,000本を超えるゲームを提供する「Games For Carers」開始―大小さまざまなゲーム会社など協力
  • イギリスで新型コロナと戦う医療関係者へ85,000本を超えるゲームを提供する「Games For Carers」開始―大小さまざまなゲーム会社など協力

イギリスの国民保険サービス「National Health Service(NHS)」スタッフに向け、無料でゲームを提供するサービス「Games For Carers」が開始されています。

これは、ゲームキーの配布サービスを行っているマーケティング会社「KeyMailer」が、英国のレーティング審査機関「Ukie」と複数のゲーム会社が協力して開始されたもの。現在も感染拡大が続く新型コロナウイルスと戦う医療従事者が、家で少しでもリラックスできる環境を作り、彼らのストレスを緩和したいという目的があります。

参加しているゲーム関連会社はEA、セガ、Xboxなどの大手パブリッシャーだけでなく、bossa studiosなどのインディーデベロッパーも協力し、現在85,000を超えるゲームがプレイ可能になっているようです。参加のためには専用サイトにアクセスし、NHS関係者専用のアドレスで登録する必要があります。

イギリスでは以前にも「DCMS(デジタル・文化・メディア・スポーツ省)」が英国ゲーム会社と協力し、新型コロナ拡大を防ぐための標語である「Stay At Home, Save Lives」というメッセージを『Sniper Elite』などのゲームに登場させる運動を行っています。
《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら