スクエニ、E3中止を受けての方針発表―「かつてないほど充実したラインアップを準備」「新たな方法でゲーム情報に触れる機会を検討中」 | GameBusiness.jp

スクエニ、E3中止を受けての方針発表―「かつてないほど充実したラインアップを準備」「新たな方法でゲーム情報に触れる機会を検討中」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による「E3 2020」の開催中止を受け、スクエニが方針を発表しました。

企業動向 発表
スクエニ、E3中止を受けての方針発表―「かつてないほど充実したラインアップを準備」「新たな方法でゲーム情報に触れる機会を検討中」
  • スクエニ、E3中止を受けての方針発表―「かつてないほど充実したラインアップを準備」「新たな方法でゲーム情報に触れる機会を検討中」

スクウェア・エニックスは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による「E3 2020」の開催中止を受け、今後の方針を発表しました。

まず、開催中止というESAの決定を支持すると共に、「E3 2020」に向け尽力してきた方々への感謝を表明。その上で、2020年、そしてその先の次世代に向け、かつてないほど充実した作品ラインアップを準備しているほか、新たな方法でゲーム情報に触れられる機会を用意すべく、検討を進めていると明らかにしました。

「E3 2020」の開催中止を受け、マイクロソフトやユービーアイソフトはオンライン上での情報発信を発表/検討中のため、スクウェア・エニックスでもそういった方法がとられるかもしれません。


《茶っプリン@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら