『モンスターハンター フロンティア』がサービス終了―ファンの感謝ツイートが多数集まる | GameBusiness.jp

『モンスターハンター フロンティア』がサービス終了―ファンの感謝ツイートが多数集まる

カプコンは、PS4/PS3/PS Vita/PC向けオンラインゲーム『モンスターハンター フロンティア』のサービスを2019年12月18日21時に終了しました。

ゲーム開発 サーバー・ホスティング

カプコンは、PS4/PS3/PS Vita/PC向けオンラインゲーム『モンスターハンター フロンティア』のサービスを2019年12月18日21時に終了しました。

本作は、仲間と協力してモンスターを狩っていく『モンスターハンター』シリーズ初のPC向け作品として2007年7月5日に正式サービスが開始されました。その後、PCのみならずPS4/PS3/PS Vita/Xbox 360/Wii Uにも対応(Xbox 360/Wii U版は2018年にサービス終了)。さらに多数の新要素を搭載した大型アップデートの実施とともに『モンスターハンター フロンティアG』、『モンスターハンター フロンティアZ』とタイトルをリニューアルしてきました。

しかし、2019年6月、同社は「より良いサービスを提供できるよう日々尽力して参りましたが、今後もお客様にご満足いただけるサービスを継続して提供することが困難であるという結論に至ったため」としてサービス終了を発表。そして同年12月18日21時に終了しました。


同日、本作の公式Twitterは、これまで12年間にわたって本作をプレイしてくれたファンに向けてメッセージを公開しました。そのツイートに応えるように多数のファンからリプライが届いています。また、公式Twitterもファンの感謝の気持ちに反応するように、本作について綴るハッシュタグ「#MHFグランドフィナーレ」のツイートを今もなおリツイートしているのです。


『モンスターハンター フロンティア』は、残念ながらサービスを終了してしまいましたが、本作の運営・開発スタッフとファンとの繋がり、ファン同士の繋がりはこれからも『モンスターハンター』シリーズを通して続いていくのではないでしょうか。Twitterでの両者の繋がりを見ているとそう思えてなりません。
《真ゲマ@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら