オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績 | GameBusiness.jp

オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

格闘ゲーム向け低遅延技術「GGPO」がMITライセンスの元、オープンソース化。多数の市販タイトルでも採用済み。

ゲーム開発 その他
オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績
  • オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績
  • オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

世界的格闘ゲーム大会「EVO」の創設者としても知られるプログラマーのTony Cannon氏は、オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」をMITライセンスの元、オープンソース化しました。

同技術はP2P接続のオンラインゲーム、特に格闘ゲームなどを主眼において開発された技術。入力予測と投機的実行などを用い、一般的なネットワークコードより遅延のない対戦を実現するものです。

「GGPO」を採用したタイトルとしては『ストリートファイターIII 3rd Strike Online Edition』『スカルガールズ』『ブロウルハラ』『Injustice 2』『ダンジョンズ&ドラゴンズ ミスタラ英雄戦記』などが存在しています。今回のオープンソース化によって、更に多くのゲームでより低遅延な対戦を楽しむことができるのかも知れません。

「GGPO」はGithubよりダウンロード可能です。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら