人気ストリーマーNinja、Twitchを去りマイクロソフト運営のMixer専門配信へ移行 | GameBusiness.jp

人気ストリーマーNinja、Twitchを去りマイクロソフト運営のMixer専門配信へ移行

Twitchを中心とした『フォートナイト』などの配信で知られる人気ストリーマーNinjaは、Twitchの競合となるマイクロソフトのゲーム映像配信プラットフォーム「Mixer」での配信専門となることを発表しました。

文化 その他

Twitchを中心とした『フォートナイト』などの配信で知られる人気ストリーマーNinjaは、Twitchの競合となるマイクロソフトのゲーム映像配信プラットフォーム「Mixer」での配信専門となることを発表しました。

この発表に際し、Ninjaは、ショックを受けているユーザーが多いだろうことに触れながらも、自身は変わらずプラットフォームが変わるだけである旨を発言。「次のステップ」として、『Halo』にゲーマーとしてのルーツを持つ自身がマイクロソフトとMixerで協力していくことは自然なことであるとしました。氏は今後、Mixerをサポートするために年間を通じて各種のゲームイベントにも参加するとのことです。

「Mixer」は低遅延配信機能を特徴とした「Beam」としてサービスを開始、その後マイクロソフトによる買収や名称変更を経てサービスを継続しています。第三者による統計サイトTwitchTrackerによれば、TwitchにおけるNinjaのチャンネル購読者数は最盛期の2018年3月の285,054人に対し、2019年7月時点では5%ほどの14,956人となっていました。なお、記事執筆時点では既にTwitchのNinjaチャンネルからは「認証済み」を示す表記が消されています。

NinjaのMixerチャンネルはこちら。期間限定で無料サブスクリプションが可能となっています。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら