『サイバーパンク2077』日本の大企業「Arasaka」やUIなしの“ハードコア”設定が登場?海外インタビュー | GameBusiness.jp

『サイバーパンク2077』日本の大企業「Arasaka」やUIなしの“ハードコア”設定が登場?海外インタビュー

海外メディアWccftechは、CD Projekt REDのAlvin Liu氏へインタビューを実施し、期待作『サイバーパンク2077』の新情報を掲載しました。

ゲーム開発 その他
『サイバーパンク2077』日本の大企業「Arasaka」やUIなしの“ハードコア”設定が登場?海外インタビュー
  • 『サイバーパンク2077』日本の大企業「Arasaka」やUIなしの“ハードコア”設定が登場?海外インタビュー
  • 『サイバーパンク2077』日本の大企業「Arasaka」やUIなしの“ハードコア”設定が登場?海外インタビュー
海外メディアWccftechは、CD Projekt REDのAlvin Liu氏へインタビューを実施し、期待作『サイバーパンク2077』の新情報を掲載しました。

Alvin Liu氏へのインタビューでは、いわゆるロマンスについて言及し、その中には、一夜限りの関係を結べることもあるとのこと。このほか、アメリカ軍のような存在の「Militech」、日本の大企業「Arasaka」、宇宙航空関係の「Orbital Air」など多数の企業が登場するとしました。

また、ゲームの舞台はナイトシティだけでなく、周辺の砂漠や発電所・放棄された高速道路などにも訪れることができるそう。加えてLiu氏は、NPCの生活ぶりの比較対象として『ウィッチャー3』のノヴィグラドを挙げていました。

さらにゲームには複数の難度設定が用意されており、UIなしの“ハードコア”設定もあるとしています。なお、酔い軽減のためのFoVスライダーや、戦闘が苦手な人のためのエイムアシスト付きの「スマートガン」なども実装予定としました。

『サイバーパンク2077』は2020年4月16日にPS4/Xbox One/PC向けに発売予定です。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら