凄腕ゲーマーが集うチャリティー企画「SGDQ2019」過去最高募金額で閉幕!日本円にして約3億円に | GameBusiness.jp

凄腕ゲーマーが集うチャリティー企画「SGDQ2019」過去最高募金額で閉幕!日本円にして約3億円に

6月24日から6月30日まで(現地時間)の日程で開催されたチャリティーイベント「Summer Games Done Quick 2019(SGDQ2019)」にて、過去最高募金額(約300万ドル)を達成したと、イベント公式Twitterが伝えました。

文化 寄付

6月24日から6月30日まで(現地時間)の日程で開催されたチャリティーイベント「Summer Games Done Quick 2019(SGDQ2019)」にて、過去最高募金額(約300万ドル、当記事執筆時点でおよそ3億2,500万円)を達成したと、イベント公式Twitterが伝えました

「Games Done Quick(GDQ)」は、スピードランに代表されるゲームのスーパープレイをネット上で配信して、募金を集めるチャリティーイベントです。全ての募金額はチャリティー団体(SDGQ2019では「国境なき医師団」)に直接寄付されます。レトロゲームから最新ゲームまで様々なゲームの超人的プレイを鑑賞して楽しむことが出来るほか、「インセンティブ」と呼ばれる、募金額に応じた様々な特典(プレイヤーネームやセーブデータの命名権、ゲーム難易度の引き上げなど)を得られる仕組みがあるのも特徴です。


Portal 2』や『紅魔城伝説II 妖幻の鎮魂歌』、『キングダム ハーツIII』など、「SDGQ2019」にて披露された数々のスーパープレイ動画のアーカイブはこちらから確認できます。
《S. Eto@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら