インテル、第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」発表―グラフィック性能は最大2倍に | GameBusiness.jp

インテル、第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」発表―グラフィック性能は最大2倍に

インテルは5月28日、「COMPUTEX 2019」(台湾・台北市)にて第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」を発表しました。

企業動向 発表
インテル、第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」発表―グラフィック性能は最大2倍に
  • インテル、第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」発表―グラフィック性能は最大2倍に
  • インテル、第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」発表―グラフィック性能は最大2倍に
  • インテル、第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」発表―グラフィック性能は最大2倍に
  • インテル、第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」発表―グラフィック性能は最大2倍に
  • インテル、第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」発表―グラフィック性能は最大2倍に

インテルは5月28日、「COMPUTEX 2019」(台湾・台北市)にて第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」を発表しました。

「Ice Lake」は、10nmプロセステクノロジー、「Sunny Cove」コアアーキテクチャ、および新しいGen11グラフィックエンジンで構築。第10世代Intel CoreプロセッサはIntel Core i3からIntel Core i7まで取り揃え、最大4コア8スレッド、最大4.1最大ターボ周波数、最大1.1GHzグラフィック周波数を誇ります。


「Ice Lake」は、Intelで初めて高性能AIの動作を実現するように設計されており、Gen11グラフィックアーキテクチャは、最大1TFLOPSのベクトル計算を可能に。また、Gen11グラフィックスアーキテクチャをベースとした「Intel Iris Plusグラフィックス」は、パフォーマンスを2倍近く高めて驚異的なビジュアル体験を実現。4K HDRを10億色で再生でき、1080p解像度のフルHD・最大2倍のフレームレートで、何千もの人気タイトルをプレイできるとのこと。

第10世代Coreプロセッサはもう既に出荷が開始されており、2019年末にはOEM製品が店頭に並ぶ予定となっています。
《S. Eto@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら