『Nintendo Labo』を活用した“ゲーム会社パビリオン”が「キッザニア」に7月オープン!クリエイターとして新Toy-Con開発を目指す | GameBusiness.jp

『Nintendo Labo』を活用した“ゲーム会社パビリオン”が「キッザニア」に7月オープン!クリエイターとして新Toy-Con開発を目指す

KCJ GROUPおよび任天堂は、KCJ GROUPが運営するこどもの職業・社会体験施設「キッザニア」において、任天堂がオフィシャルスポンサーとして今夏出展予定である『Nintendo Labo』を活用したパビリオンのオープン日とアクティビティ概要を決定しました。

ゲーム開発 その他

KCJ GROUPおよび任天堂は、KCJ GROUPが運営するこどもの職業・社会体験施設「キッザニア」において、任天堂がオフィシャルスポンサーとして今夏出展予定である『Nintendo Labo』を活用したパビリオンのオープン日とアクティビティ概要を決定しました。


◆『ゲーム会社』パビリオンの概要


■パビリオン名

ゲーム会社

■スポンサー

任天堂株式会社(サービスブランド:Nintendo Labo)

■オープン日

・キッザニア甲子園:2019年7月12日(金) 第2部(16:00~21:00)
・キッザニア東京:2019年7月16日(火) 第2部(同上)

■アクティビティ概要

・職業名:ゲームクリエイター
・定員:6名/1回
・対象年齢:3歳~15歳
・所要時間:約40分/1回
・給料:8キッゾ
・体験内容:ゲーム会社で働くゲームクリエイターとして、Nintendo Laboを活用し、ゲームを遊ぶための新しいコントローラー“Toy-Con”(トイコン)を開発します。

こどもたちは、Nintendo Switchに搭載されたJoy-Conというコントローラーの仕組みについて学習したあと、ほうき、ヘルメットなど身の回りにあるアイテムと組み合わせて、ジャイロセンサーを活用した新しいゲーム操作方法を考えます。

自分で考えたオリジナルのコントローラーとプログラムを組み合わせ、テストプレイを通じ、ゲームクリエイターとしての発想力やチャレンジすることの大切さを学びます。

■パビリオンイメージ画像


パビリオン外観(イメージ)

パビリオン内装(イメージ)

■ユニフォーム(着用イメージ)



■ご参考

・キッザニアについて:https://www.kidzania.jp/
・Nintendo Switchについて:https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/index.html
・Nintendo Laboについて:https://www.nintendo.co.jp/labo/whats/index.html



(C)Nintendo
《茶っプリン@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら