「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など | GameBusiness.jp

「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など

The Strong National Museum of Play(ストロング国立演劇博物館)が選定するビデオゲームの殿堂“World Video Game Hall of Fame”の2019年候補作品が発表されました。

文化 レトロゲーム
「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など
  • 「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など
  • 「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など
  • 「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など
  • 「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など
  • 「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など
  • 「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など
  • 「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など
  • 「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など

The Strong National Museum of Play(ストロング国立演劇博物館)が選定するビデオゲームの殿堂“World Video Game Hall of Fame”の2019年候補作品が発表されました。

選出基準は大きく分けて「幅広い認知度」「一時の流行ではない長期の人気」「世界的な認知度と長期の人気」「他のゲームやエンターテインメント、一般社会や文化への大きな影響」の4点。今回は下記の12本が選出されています。

  • 『Candy Crush』
  • 『Centipede』
  • 『Colossal Cave Adventure』
  • 『Dance Dance Revolution』
  • 『Half-Life』
  • 『Microsoft Windows Solitaire』
  • 『Mortal Kombat』
  • 『Myst』
  • 『NBA 2K』
  • 『Sid Meier’s Civilization』
  • 『スーパーマリオカート』
  • 『大乱闘スマッシュブラザーズDX』

館長のJon-Paul C. Dyson氏は「これら12の殿堂入り候補作品は何十年もの期間、様々なプラットフォームにまたがりますが、ゲームやポップカルチャーの世界への明白な影響という共通点を持っています。それが真の先駆者の『Colossal Cave Adventure』であれ、何億人にもプレイされモバイルゲームの現象を起こした『Candy Crush』であれ、業界の境界線を広げ景観を変えた『Mortal Kombat』であれ、これらは最も影響力のあるゲームの1つです」と語っています。

最終的な殿堂入りタイトルは国際的な諮問委員会のメンバーによって選ばれ、現地時間5月2日に発表されます。公式サイトでは“Player's Choice”としてファンからの投票を受け付けており、上位3タイトルは選定においてそれぞれ1票ずつ獲得します(諮問委員会は全部で27票)。
《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら