小島監督がGuerrilla Gamesを訪れ『DEATH STRANDING』のデモを披露 | GameBusiness.jp

小島監督がGuerrilla Gamesを訪れ『DEATH STRANDING』のデモを披露

Guerrilla Gamesのマネージング・ディレクターおよび共同創立者のHermen Hulst氏は、小島秀夫監督が同スタジオを訪れ、現在開発を進めている『DEATH STRANDING』のデモを披露したことを明らかにしました。

ゲーム開発 その他

Guerrilla Gamesのマネージング・ディレクターおよび共同創立者のHermen Hulst氏は、小島秀夫監督が同スタジオを訪れ、現在開発を進めている『DEATH STRANDINGデス・ストランディング)』のデモを披露したことを明らかにしました。デモの詳細な内容は不明なものの、それは非常に素晴らしく感動したと伝えられています。


Guerrilla Gamesは『DEATH STRANDING』が採用しているエンジン“Decima Engine”を手がけており、コジマプロダクションが設立間もない2016年にエンジンのソースコードを小島監督にいきなり渡したというエピソードは多くのファンを驚かせました(記事冒頭の写真に写っている木箱はそのソースコードが入っていた箱ですね)。

PlayStation Experience 2016のパネルディスカッションで上記エピソードを語る小島監督

小島監督とGuerrilla Gamesとの出会いから約3年。ほぼ何もない状態から作り上げられた『DEATH STRANDING』は既に日本語アフレコ収録も本格始動しており、多くの方がさらなる最新映像公開や発売日の決定を待ち望んでいるのではないでしょうか。

小島監督がGuerrilla Gamesを訪れ『DEATH STRANDING』のデモを披露!

《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら