「フロス」エモート巡り元ネタ少年が『フォートナイト』開発元を提訴 | GameBusiness.jp

「フロス」エモート巡り元ネタ少年が『フォートナイト』開発元を提訴

つい先日もダンスエモートについて米コメディアンが提訴したEpic Gamesの『フォートナイト』ですが、新たに“バックパック・キッド(Backpack Kid)”がEpic Gamesを提訴したことが海外メディアTMZによって報じられました。

その他 事件
先日、ダンスエモートを巡って米コメディアンが提訴した『フォートナイト』ですが、新たにバックパック・キッド(Backpack Kid)が開発元であるEpic Gamesを提訴したと海外メディアTMZより報じられました。

問題の焦点となっているのは、バックパック・キッドことRussell Horning氏が2016年に投稿したというダンス。爆発的な人気になったのは2017年6月のことで、テレビ番組にケイティ・ペリーと出演した際に見せたダンス、通称「Russell Dance」が話題となりました。『フォートナイト』内では、2017年12月14日から開始されたシーズン2のバトルパスに「フロス」という名前のエモートとして収録されています。

損害賠償を求めているバックパック・キッドですが、法的な処理は母親やマネージャーに任せているとのこと。しかしTMZは、バックパック・キッド自身が2018年6月の時点でフロスエモートについて「大したことじゃないし、ゲーム内に(ダンスが)入って嬉しいよ」と語っていたことも伝えています。

次々と訴訟の巻き起こる『フォートナイト』のエモート問題ですが、本件を含めて訴訟の行く末は未知数。この動きが与える影響に注目していく必要がありそうです。
《杉元悠@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら