THQ Nordic、『FlatOut』シリーズのBugbearと『Goat Simulator』のCoffee Stain買収を発表 | GameBusiness.jp

THQ Nordic、『FlatOut』シリーズのBugbearと『Goat Simulator』のCoffee Stain買収を発表

THQ Nordicは、11月14日にBugbear EntertainmentとCoffee Stainを買収したことを発表しました。

企業動向 発表

THQ Nordicは、11月14日にBugbear EntertainmentとCoffee Stainを買収したことを発表しました。


Bugbearは、物理演算による破壊を特徴とするレースゲームで知られており、これまでに『FlatOut』シリーズや、2018年6月にPC向けに発売され、2019年にはPlayStation 4とXbox One版の発売を予定している『Wreckfest』を開発しています。THQ Nordicは2017年以来、Bugbearの『Wreckfest』のパブリッシャーを担当しており、同社のアクションレースゲームの開発能力を信頼し、長期投資によるサポートを決断したと明かしています。


Coffee Stainは、『Goat Simulator』や『Sanctum』、『Deep Rock Galactic』、『Satisfactory』の開発で知られており、今回の買収ではこれらの出版に関する知的財産権も含まれます。THQ NordicのCEOであるLars Wingefors氏は「Coffee Stainは熱心で有能であり、素晴らしい作品を世に送り出し続けています。ここ数年はヒット作に恵まれなかったものの、今後に正式発売となる『Satisfactory』や『Deep Rock Galactic』などの強力なラインナップが控えており、Coffee StainのCEOであるAnton Westbergh氏と共に仕事ができることを楽しみにしています。」と述べています。
《technocchi@Game*Spark》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら