中国で運営のMOBA『Honor of Kings』に実名登録システム導入―公安データベースと連携、未成年者プレイ時間を制限 | GameBusiness.jp

中国で運営のMOBA『Honor of Kings』に実名登録システム導入―公安データベースと連携、未成年者プレイ時間を制限

テンセントは、同社が中国にてモバイル向けに運営中のMOBA『Honor of Kings』に実名登録システムを導入したことを発表しました。

ゲーム開発 サーバー・ホスティング

テンセントは、同社が中国にてモバイル向けに運営中のMOBA『Honor of Kings』に実名登録システムを導入したことを発表しました。

ロイター通信によれば、この実名ベースのアカウント登録システムは中国の公安データベースにリンクされており、未成年のプレイヤーを正確に特定し、プレイ時間の制限を行うためであるとのこと。中国のゲーム業界でもこのような実名登録システムは初めての試みとなります。

テンセントは、今後他のゲームでもこのような取り組みを実施する旨を明らかにするとと共に、「これらの措置を通じて、テンセントは、若年プレイヤーをゲームに賢明に導き続けることを望んでいる」としました。なお、過去にもテンセントは同作において、若年者のプレイ時間を制限する施策を実施しています。

先日より続く、近視予防を名目とした中国でのオンラインゲームの新規販売規制問題。中華人民共和国教育部が掲げる、「児童・青年の近視の予防と管理の為の実施計画」にもこの施策で対応することができるのでしょうか。注目が集まるところです。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら