賞金200万ドルの『PUBG』世界大会が7月下旬開催!日本地域にも2チーム分のシード権 | GameBusiness.jp

賞金200万ドルの『PUBG』世界大会が7月下旬開催!日本地域にも2チーム分のシード権

PUBG Corp.は、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』の世界規模大会「PUBG GLOBAL INVITATIONAL BERLIN 2018(PGI 2018)」の開催を発表しました。

文化 eSports

PUBG Corp.は、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』の世界規模大会「PUBG GLOBAL INVITATIONAL BERLIN 2018(PGI 2018)」の開催を発表しました。

この大会は世界中から20団体の『PUBG』プロチームが、合計200万ドルの賞金と名誉を得るために競う公式イベントとして、7月25日から7月29日にわたってドイツ・ベルリンで開催されます。参加チームは7月上旬より開かれる北米、欧州、アジアでの地域予選トーナメントで選ばれるということです。


「PGI 2018」は7月25日と26日にTPPマッチが行われ、28日と29日にFPPマッチが開催される予定。どちらもSquad形式のルールを採用します。欧州、北米、アジア地域からは各3チームがシード権を得ることになりますが、日本はアジア地域に含まれておらず、独立したエリアとして2チームのシード権が与えられます。

チケットの販売や地域予選、詳細な開催地などは今後発表予定。PC以外の対象プラットフォームや、国内向けの案内は現段階では伝えられていません。
《キーボード打海@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら