米国のゲーマー、本物の嵐に襲われながらも無視して『フォートナイト』をプレイ…避難後も「ゲームのことを考えていた」 | GameBusiness.jp

米国のゲーマー、本物の嵐に襲われながらも無視して『フォートナイト』をプレイ…避難後も「ゲームのことを考えていた」

海外メディアの報道より、米国在住の10代の少年が本物のトルネードに襲われながらも『フォートナイト』を遊び続けていたことが伝えられています。

その他 その他

海外メディアの報道より、米国在住の10代の少年が本物のトルネードに襲われながらも『フォートナイト』を遊び続けていたことが伝えられています。

先日トルネードの被害に見舞われた米国ノースカロライナ州グリーンズボロですが、現地に住むアントン・ウィリアムズさんは、トルネードが猛威を奮っている最中、家でひたすら『フォートナイト』のプレイに興じていたご様子。豪Kotakuによれば、彼は当時を振り返って『フォートナイト』を遊びながら「ただ物凄い騒音を聞いた」「窓を見て、目の前の家の屋根が落ちるのを見た」と証言。そのあとはゲーム内の残り参加者が2人しかいなかったため、「ゲームを終えようとしていた」と述べています。

電線が落ち、トラックが転倒し始めたのが見えたところで彼は妹と甥をバスルームに連れて安全を確保。彼と親族は大きな被害を受けてなかったらしく、現地記者に避難時の心境を尋ねられたウィリアムズさんは、「正直、ゲームのことを考えていただけだった。周りのみんなも大丈夫だろうと思っていた」と語ったということです。

ちなみに『フォートナイト』ゲーム中には、嵐(ストーム)がプレイヤーを苦しめますが、実際の嵐の中でもプレイを続けたウィリアムズさんは、生粋の『フォートナイト』ゲーマーと言えるかもしれません。
《キーボード打海@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら