ブロックチェーン上でトレーディングカードの登録と発行ができる―コンセンサス・ベイスが「クリプトカード」のβサイトをオープン | GameBusiness.jp

ブロックチェーン上でトレーディングカードの登録と発行ができる―コンセンサス・ベイスが「クリプトカード」のβサイトをオープン

企業動向 発表

コンセンサス・ベイスは、ゲーム用のトレーディングカードなどの資産をブロックチェーン上に登録・発行・流通できるプラットフォーム「クリプトカード」のβサイトを4月3日オープンしました。

従来からのリアル・トレーディングカードはもとより、2014年ごろから始まったデジタル・トレーディングカードは大きな市場を獲得しています。しかし、デジタル・トレーディングカードはゲーム運営会社のサーバ上でカードを管理するため、自由に交換ができない、ゲームのサービス終了と共にカードがなくなってしまうというデメリットもありました。

そこで同社はデジタル化されたトレーディングカードなどの資産をブロックチェーン技術を使って記録・流通させることで、改ざんされることなくイーサリアム上に発行数などを管理できるシステムを開発しました。

また同プラットフォームを利用した第一弾サービスとして、同社が発行者となるトレーディングカード販売サービス「CryptoCards」(クリプトカード)のベータ版サイトもオープンしました。カードは日本居住者がイーサリアムとの交換で入手することができ、今後国内外の規制などを踏まえてサービスの拡充を行うとしています。

■「クリプトカード」サービスイメージ図


《Ryudai Okui》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら