NVIDIA Researchが新たなディープラーニング技術を公開ー高解像度グラフィックの自動生成化技術など | GameBusiness.jp

NVIDIA Researchが新たなディープラーニング技術を公開ー高解像度グラフィックの自動生成化技術など

ゲーム開発 ミドルウェア

NVIDIAの研究グループであるNVIDIA Researchは、3月26日~29日まで開催されたGTCシリコンバレーにおいて、最新の研究結果を紹介しました。

NVIDIAの創業者兼CEOであるジェンスン・フアン氏が、サンノゼのGPUテクノロジ・カンファレンスで発表した研究結果は、従来のコンピューターグラフィックスを覆す可能性のある2つのディープラーニング技術です。一つは『Noise2Noise』。ノイズのある画像のみでネットワークのトレーニングを可能にする研究です。『セマンティック・マニピュレーション』と呼ばれる研究では、GANを活用してリアルな高解像度画像を生成します。

■GANを活用し、ブロックで組み上げるようにして作成された画像

どちらもゲーム開発期間の短縮につながる技術であり、ユーザーがゲームを通してより良い経験ができる手助けになると予想されています。また、自動運転車の開発への検討もするとしています。
《Ryudai Okui》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら