海賊ACT『Sea of Thieves』はルートボックス非採用、課金要素には検討の可能性 | GameBusiness.jp

海賊ACT『Sea of Thieves』はルートボックス非採用、課金要素には検討の可能性

海外メディアの報道より、レア社が開発を進めている海賊アクションアドベンチャー『Sea of Thieves』に「ルートボックス」が実装されない予定であることが明かされました。

ゲーム開発 その他

海外メディアの報道より、レア社が開発を進めている海賊アクションアドベンチャー『Sea of Thieves』に「ルートボックス」が実装されない予定であることが明かされました。

PC GamerがデザインディレクターMike Chapman氏に確認したところによると、『Sea of Thieves』にルートボックスを導入することは「決して起こらない」ということです。マイクロトランザクション(少額課金)に関わる要素は今後検討していく可能性があると伝えられています。

Chapman氏は「どのような形であれ『Sea of Thieves』にギャンブル要素は加えられない」とも発言。また、装飾品に関わるマイクロトランザクションの「新たな取り組み」も示唆されたとのことですが、その詳細は明かされていません。

更に、Chapman氏はマイクロトランザクションを多く利用したユーザーが優位になる「ペイトゥーウィン」についても「まったく話にならない」とコメント。「どんなことが『Sea of Thieves』の取るべき手法なのか」「どんなことがプレイヤーにとって価値のあることなのか」を考えながら開発することこそが使命であると主張したとのことです。
《キーボード打海@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら