USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました | GameBusiness.jp

USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました

2018年1月19日から6月24日にかけて、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開催される期間限定イベント「ユニバーサルクールジャパン2018」。

その他 その他


2018年1月19日から6月24日にかけて、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開催される期間限定イベント「ユニバーサルクールジャパン2018」。

『ファイナルファンタジー XRライド』『名探偵コナン・ザ・エスケープ』『モンスターハンター・ザ・リアル』『美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル 4-D』といった魅力的なアトラクションが勢揃いですが、やはりインサイド編集部としてピックアップしておかなければならないのが「FF」と「モンハン」ですよね!

前回に「モンハン」の方をご紹介しましたので、次は『ファイナルファンタジー XRライド』のレポートをお届けします。

VRゴーグルでファイナルファンタジーを駆け回る



『ファイナルファンタジー XRライド』は、VRゴーグルを装着することで、歴代ファイナルファンタジーの世界を文字通り360度見渡しながら、猛スピードで走り抜けるといったライド系アトラクション。

同シリーズの人気マスコットキャラクター・モーグリが船長を務める“MOG SHIP”に乗り込み、「FF7」に登場する架空都市・ミッドガルへ向かうという設定のため、入り口前ではモーグリ達が出迎えてくれます。スタッフさんの制服もモーグリをイメージしていて、とってもキュートでした!

VRゴーグルをかけて、いざ出発!眼鏡の方向けに、ゴーグルはピント調整も可能

実は筆者、「FF7」のゴールドソーサーで遊べるジェットコースターくらいと侮っていたのですが、実際に体験すると、その予想をはるかに超えるスリルに圧倒されてしまいました。映像とコースターの動きが完全にシンクロしていて臨場感MAXなのはさることながら、思い出のシーンやキャラクター達に感動していると不意を突かれます。「あっ、クラウドだ……ぁぁぁああぅうああああ!!!!」といった具合に。

ロゴデザインを手がけた天野喜孝氏にインタビュー



今回のプレスレビューでは、「FF」シリーズのキャラクターデザインを手がけてきた天野喜孝氏に合同インタビューも行いました。なお天野氏は『ファイナルファンタジー XRライド』のイメージイラスト・ロゴデザインも担当しています。

――「ファイナルファンタジー」がアトラクションになると聞いたときの感想をお聞かせください
「どうするんだろう?どうやってやるんだろう?」と率直に思いましたね。現実にないファンタジーの世界を、どう体験させるのかなと。

――今回のロゴには、どんなイメージを込められたのですか?
レールのない空飛ぶジェットコースターです。未来はそうなるんじゃないかなと思っています。あとは見たまんまですけど、宇宙やスピード感といったものを表現させてもらいました。

――アトラクションを心待ちにしているファン達にメッセージをお願いします
ぜひファンタジーの体験を、頭の中ではなくて身をもって体験してください。

チョコボにサボテンダー!FF関連商品が可愛い!!



チュロスはサボテン味じゃなくてメロン味でした

イベント期間中は、USJ内の至るショップや飲食店でFFシリーズにちなんだ商品が販売されます。なかには大きなクリスタルが飾られたショップもあり、それらを見て回るだけでも楽しいですよ!

こいつ、鳴くぞ!※しかも2パターン

ちなみに数あるコラボ商品の中から、筆者が特にときめいたのは「チョコボ・ポップコーンバケツ」。バケットとは思えないクオリティで、初見では中にポップコーンが詰まっていると気づかないはず。


ざっとご紹介しましたが、『ファイナルファンタジー XRライド』も「モンハン」に負けず劣らず、最新技術の詰まったアトラクションでした。「ファイナルファンタジー」ファンはもちろんのこと、VR技術の可能性や凄さに触れたい方もぜひ訪れてみてください!

USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

《矢尾新之介@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら