CRIのプロ用ゲームサウンドツール『ADX2』のUnityプラグイン版が提供開始 | GameBusiness.jp

CRIのプロ用ゲームサウンドツール『ADX2』のUnityプラグイン版が提供開始

ゲーム開発 サウンド

CRI・ミドルウェアは、サウンドミドルウェア『CRI ADX2』のUnityプラグイン版『CRI ADX2 Unity Plugin /AssetStore(以下ADX2 Unity Plugin)』の提供を開始しました。全世界のUnity開発者向けに、99ドルでの提供となります。

『ADX2』は20年以上に渡ってゲーム開発に活用され、技術やノウハウを蓄えてきたゲームサウンドツールです。3,700本以上ものタイトルに採用されています。法人ゲームメーカー向けに提供されていたこの『ADX2』を、Unityを使ったPC版ゲーム開発者向けに展開するものが『ADX2 Unity Plugin』です。販売目的のタイトル開発にも使用可能で、購入価格以外のライセンス料はかからず、プロ/インディー問わず利用が可能。


『ADX2 Unity Plugin』を使うことで、手間のかかるサウンド演出のほぼ全てがプログラミングの知識なしに、GUIのサウンドツール上で作成できます。ツールとゲームを繋げることで、ゲームで音の鳴り方を聴きながらの編集が可能です。また、スクウェア・エニックスのサウンドシステムにも標準音声コーデックとして採用されるADX2独自のコーデック「HCA」により、音質を損なわずにサウンドデータを圧縮し、低負荷で数十音の同時再生を行うことができます。

『ADX2 Unity Plugin』は、「Unity アセットストア」から購入可能です。

ADX2 Unity Plugin ダウンロード(Unity アセットストア)
https://www.assetstore.unity3d.com/#!/content/100086

ADX2 Unity Plugin サポートサイト
https://unityplugin.crimiddleware.com/
《リバレー》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら