米任天堂レジー社長、北米版ミニスーパーファミコン生産は「劇的に増やした」 | GameBusiness.jp

米任天堂レジー社長、北米版ミニスーパーファミコン生産は「劇的に増やした」

企業動向 戦略

米任天堂レジー社長、北米版ミニスーパーファミコン生産は「劇的に増やした」
  • 米任天堂レジー社長、北米版ミニスーパーファミコン生産は「劇的に増やした」
Nintendo of Americaのレジーことレジナルド・フィサメィ社長は、海外メディアのインタビューに対し、北米版ミニスーパーファミコン「SNES Classic」の生産についてコメントしました。

Financial Timesが行ったインタビューを伝えているPolygonによれば、レジー社長はSNES Classicの生産について「劇的に増やした」と語っており、「いかなるオークションサイトにおいても、SNES Classicには入札しないよう強く勧める」ともコメントしています。海外では、2017年8月に予約が開始された「SNES Classic」ですが、予約分は即時完売となっていました。

なお、今回のレジー社長の発言は北米版の「SNES Classic」を対象としているものであり、国内向けの「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の生産については語っていません。

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は、国内で10月5日発売予定。本商品の予約は、9月中旬より開始される予定です。
《秋夏@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら