「ゲームセンターあらし」はVRの夢を見るのか…菅谷充や吉田修平が「これからのVR」を語る | GameBusiness.jp

「ゲームセンターあらし」はVRの夢を見るのか…菅谷充や吉田修平が「これからのVR」を語る

ゲーム開発 バーチャルリアリティ

「ゲームセンターあらし」はVRの夢を見るのか…菅谷充や吉田修平が「これからのVR」を語る
  • 「ゲームセンターあらし」はVRの夢を見るのか…菅谷充や吉田修平が「これからのVR」を語る
音楽や映画、ゲームにネット、ITなど、あらゆるエンタテインメントの原点を見つめなおし、来るべき未来の姿をポジティブに考える会として、黒川文雄氏が行っている「黒川塾」。着実に重ねてきたその歩みは、4周年を迎えるに至りました。

この4周年を記念すると共に、アプリ・ゲーム業界向け開発&運営ソリューション総合イベント「Game Tools & Middleware Forum 2016(GTMF2016)」の前夜祭イベントとして、7月4日に大阪にて「黒川塾37」の開催が決定しました。


14年目のGTMFと4周年を迎える黒川塾がコラボーレーションする「黒川塾37」は、過去に取り上げてきたVRテーマ「バーチャルリアリティの未来へ」に関して、どんなVRがあるべきか、どうすれば更にエンタテインメントを加速することができるのか、ユーザーの立場から迫ります。

この「黒川塾37」には、一大ブームを巻き起こした人気漫画「ゲームセンターあらし」作者の菅谷充氏や、ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏などをゲストに招き、それぞれの立場から「これからのVR」を語ります。

【「黒川塾37」参加ゲスト】(敬称略)
■菅谷充(すがや みつる)
1950年9月20日生まれ、漫画家、漫画原作者、小説家。京都精華大学マンガ学部キャラクターデザインコース教授。代表作は、「仮面ライダー」、「ゲームセンターあらし」、「こんにちはマイコン」等。マイコン、コンピューターゲーム、パソコン通信、実務に関する教養漫画、F1など、時代を先取りした題材をテーマとするが、つねに本格的な流行到来前に新たなジャンルに取り組んでいる。

■吉田修平(よしだ しゅうへい)
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデント。1986年ソニー株式会社入社。1993年に株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の創業メンバーとして入社。タイトル制作の現場一筋を歩み、2000年米国現地法人のバイス・プレジデントに就任。2007年に北米のゲーム制作トップとしてSCEワールドワイド・スタジオのSVPに就任。2008年5月に自社制作のトップであるSCEワールドワイド・スタジオ プレジデントに就任。現在に至る。
※SCEは2016年4月1日に「株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント」へ社名変更

■下田純也(しもだ じゅんや)
エピック・ゲームズ・ジャパン・デベロッパー・サポート・マネージャー。PC-1251とMZ-2000でBASICを覚えて、Z80, 8086, 6502, 65c816くらいまではアセンブラ、MIPS, ARM, PowerPC世代は主にC++でプログラマーとしても活躍。アンリアル・エンジンの利用経験をきっかけとして2010年2月からエピック・ゲームズ・ジャパンでサポート・マネージャーとしてアンリアル・エンジンの普及・サポート活動を行っている。

■矢野浩二朗(やの こうじろう)
大阪工業大学情報科学部 准教授。1973年生まれ。千葉大学医学部医学科卒業後、リバプール大学医学部生理学科大学院で博士号取得。2004年よりケンブリッジ大学医学部生理学科博士研究員、2006年より同大学 シニアリサーチフェロー。2011年に大阪工業大学へ着任し、現在へ至る。主要研究テーマは生命情報学、医療情報学。2013年より学生と教員によるデジタル教材開発プロジェクト「スマラボ」を開始し、タブレットやVRを活用したICT教育の普及活動を行っている。最近では、VR英語学習アプリ「えいごーぐる」をOcuFes Final、ニコニコ超会議にて展示。

■主催・司会 ナビゲーター・コメンテーター・黒川文雄(くろかわ ふみお)
東京都生まれ。アポロン音楽工業を経て、ギャガコミュニケーションズ(現在のギャガ)にて映画配給宣伝、セガエンタープライゼス(現在のセガ)にてゲーム宣伝を革新的に進化させ、ゲーム内広告を世界で初めて展開。デジキューブにてゲームソフトのコンビニ流通を開拓、デックスエンタテイメントにてFLASHを用いた世界初のネット型対戦カードゲーム「アルテイル・ネット」を展開、ブシロードにて取締役副社長、製造管理、海外販売、オンラインゲーム開発。NHNJapanにては家庭用ゲームメーカーとの大型の共同タイトルを企画開発、運営まで。

あらゆるエンタメジャンルに精通したメディアコンテンツ研究家であり、本イベント・キュレーター。コラム連載など、多岐にわたる人脈と長年のナレッジの蓄積で新たな地平を切り拓いてきました。

【「黒川塾37」開催概要】
■開催日程
・2016年7月4日(月曜日)   
・19時00分 開場 / 19時30分 開始(開演) 90分程度
※終了後、30分程度の懇親交流会あり (予定)

■開催会場
コングレコンベンションセンター(グランフロント大阪内)
〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館 B2F

■電話
・06-6292-6911

■参加費
・Peatix 事前申し込み:一般 3000円
・当日料金:一般 3500円
・参加申し込み:http://peatix.com/event/169031
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら