LINE、ゲーム内通貨に関して立入検査を受ける...規制逃れは否定 | GameBusiness.jp

LINE、ゲーム内通貨に関して立入検査を受ける...規制逃れは否定

産業政策 法規制

LINEが資金決済法に基づく規制の適用を意図的に免れたとして関東財務局から立入検査を受けたと報じられた事に関して、検査は事実ながら定期的なものであり、疑いは存在しないとしました(LINEの声明)。

報道では、『LINE POP』における「宝箱の鍵」が資金決済法上の「通貨」に当たると社内から指摘が上がったものの、その場合の供託金が数十億円に上る事から、用途制限などで仕様変更を行い、規制対象とみなされないよう恣意的な内部処理をし、財務局に届け出を行っていなかったと指摘されていました。

LINEは、ゲーム内で販売されるアイテムが資金決済法上の規制対象に該当するかは基準が明確でないことから、専任の担当者を設け厳格に審査を行っているとコメント。意図的に規制逃れを行った事実も無いとしました。

同社では関東財務局と協議中で、当局の指導に従って適切に対応するとしています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら