米カンザス州で「反スワッティング法案」が可決ー法案名には犠牲者の名が | GameBusiness.jp

米カンザス州で「反スワッティング法案」が可決ー法案名には犠牲者の名が

産業政策 法規制

アメリカのカンザス州にて、近年問題視されている“スワッティング”(配信者などをテロリストや犯罪者として虚偽通報し、警察やSWATに突入させる行為)を重罪化する法案が同州の上院で可決されたと海外メディアから報道されています。

海外メディアのDestructoidによると、この法案は2017年12月に発生したスワッティング事件を切っ掛けに提出されたものであるとのこと。これはあるプレイヤーらが『Call of Duty: WWII』をプレイ中に起こった事件で、スワッティングの結果、全く無関係であった28歳のAndrew Finch氏が(スワッティングによって駆けつけた)警察によって誤って殺害されたというものです。

今回の法案が承認された場合、死亡または負傷を伴うスワッティング行為を行った者は刑法記録に基づいて10年から41年の懲役刑が課せられると報じられており、現在はカンザス州のJeff Colyer州知事の認可を待っている状態であるとのこと。

また、この法案の名前が、上記の事件で犠牲になったAndrew Finch氏を偲び、「Andrew T. Finch Anti-Swatting Bill」になるとも伝えられています。これについて、Andrew氏の母親であるLisa Finch氏は「この法案が息子に起こった悲劇を別の家族で繰り返すことを防ぐのであれば、それは素晴らしいことです」とコメントしています。

なお、この事件を引き起こしたTyler Barriss被告は、過失致死の容疑で起訴されています。
《吉河卓人@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら