マイクロソフト ゲーム部門、『マイクラ』『Halo 5』で増収もハードは下火―2015年Q4業績 | GameBusiness.jp

マイクロソフト ゲーム部門、『マイクラ』『Halo 5』で増収もハードは下火―2015年Q4業績

企業動向 業績

マイクロソフト ゲーム部門、『マイクラ』『Halo 5』で増収もハードは下火―2015年Q4業績
  • マイクロソフト ゲーム部門、『マイクラ』『Halo 5』で増収もハードは下火―2015年Q4業績
Microsoftは2015年Q4における会計報告の中で、ゲーム関連部門の売上が昨年度Q4から5%上昇していたことを伝えながら、ソフトウェアおよびハードウェアに関する販売実績を述べました。

海外メディアGameSpot、Geekwireが伝えるところによれば、Microsoftのソフトウェア部門におけるセールスは47%上昇しており、『Minecraft』や『Halo 5: Guardians』によって大きな追い風が与えられていたとのこと。Xbox Live部門においても24%の増収が報告されており、そのアクティブユーザー数は4800万人に届いた模様です。

また、ソフトウェア部門に比べハードウェアの売上に関しては芳しく無く、9%ほど落ち込んでいるとも報告。出荷数は上昇しているものの、本体価格の見直しが響いたものと考えられています。

MSゲーム部門、『マイクラ』『Halo 5』で増収もハードは下火―2015年Q4会計報告

《subimago》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら