LINE、タイムラインでの広告表示を開始・・・海外展開も視野 | GameBusiness.jp

LINE、タイムラインでの広告表示を開始・・・海外展開も視野

市場 プロモーション

広告表示の例(Sponsored表記あり)
  • 広告表示の例(Sponsored表記あり)
  • 広告表示の例(Sponsored表記あり)
 LINEは30日、コミュケーションアプリ「LINE」のタイムラインにおいて、広告配信・表示を開始することを発表した。12月1日より、外部企業案件でのトライアル運用を開始する。

 「タイムライン」は、LINEの友だちと、近況や情報を共有できる機能。通常のメッセージと異なり、投稿の形で行われ、相手が能動的にタイムラインをチェックすることで、内容を閲覧できる。

 広告表示においては、「Sponsored」表記を付記して表示。タイムラインに固定の枠を設ける。属性・興味関心分野の推計情報を活用した、広告の配信・表示にも対応する計画だ。

 タイムラインでの広告配信・表示については、2015年11月よりLINE関連サービスなどの社内案件でのテストをすでに実施中とのこと。一定の成果を確認できたことから、2016年春頃にかけて、外部企業の案件のトライアル運用を行う予定。将来的には、LINEユーザーが多いタイ・台湾・インドネシアなど他の国・地域での運用も段階的にスタートさせる。

LINE、タイムラインでの広告表示を開始……海外展開も視野

《冨岡晶》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら