CyberZ、新たなe-Sports大会「RAGE」新設―日本における認知拡大図る | GameBusiness.jp

CyberZ、新たなe-Sports大会「RAGE」新設―日本における認知拡大図る

文化 eSports

CyberZ、新たなe-Sports大会「RAGE」新設―日本における認知拡大図る
  • CyberZ、新たなe-Sports大会「RAGE」新設―日本における認知拡大図る
サイバーエージェントの連結子会社であるCyberZは、 e-Sports大会「RAGE」を新設しました。

「RAGE」は、複数のゲームタイトルを採用し、年間を通して開催される e-Sportsイベント。記念すべき第1弾のゲームタイトルは、『Vainglory(ベイングローリー)』で、2015 年 12 月から予選を行い、2016 年 1 月 23 日(土)にベルサール秋葉原にて決勝大会を開催する予定です。この大会で優勝すれば、『Vainglory』の世界大会「Vainglory 国際プレミアリーグ(VIPL)」の出場権を獲得できます。今後は、格闘ゲームやカードゲームなどの複数ジャンルのリーグ戦・トーナメントを開催するとのこと。なお「RAGE」の様子は、同社が運営するゲーム動画配信サービス「OPENREC.tv」で放送する予定です。

「RAGE」の運営だけではなく、イベントの企画・参加者やスポンサーの募集・集客までの全てをこなし、日本国内のe-Sportsの認知度拡大を図るCyberZ。同社をはじめとするe-Sports事業にビジネスチャンスを見出している企業の動きに今後注目したいところです。
《真ゲマ》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら