フェイスブック、広告購入・最適化・効果測定のための新機能4つを発表 | GameBusiness.jp

フェイスブック、広告購入・最適化・効果測定のための新機能4つを発表

市場 プロモーション

モバイルアンケート調査のイメージ
  • モバイルアンケート調査のイメージ
  • カルーセル広告のイメージ
 米Facebookは28日、広告主向けに4つの新機能を発表した。28日よりニューヨークにて開催されるイベント「Advertising Week」に合わせて発表されたものだ。

 今回新たに「TRP(Target Rating Point、ターゲット延べ視聴率)購入」「ブランド認知度のアップに向けた最適化」「モバイル広告キャンペーンの効果測定の強化」「カルーセル広告の動画対応」の4機能が追加・強化された。これらの新機能は、より効果的なモバイル広告の出広を可能とするものだ。

 「TRP(Target Rating Point、ターゲット延べ視聴率)購入」では、Facebook動画広告のプランニング、購入、および効果測定の指標としてTRPを利用可能とし、TRPの一部をカバーするためにFacebook動画広告を直接購入できる(日本でのローンチ時期は未定)。「ブランド認知度のアップに向けた最適化」は、10月上旬からベータ運用を開始し、11月半ばに正式スタートの予定。「モバイル広告キャンペーンの効果測定の強化」では、ミルワード・ブラウン・デジタルと提携し、同社の「ブランド・リフト・インサイ ト」調査が、Facebook/Instagramで実施可能となる(10月中旬から開始予定)。「カルーセル広告の動画対応」は、日本でのローンチ時期は未定。

Facebook、広告購入・最適化・効果測定のための新機能4つを発表

《冨岡晶》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら