LINE、脆弱性の発見者に報奨金を支払う「LINE Bug Bounty Program」を実施 | GameBusiness.jp

LINE、脆弱性の発見者に報奨金を支払う「LINE Bug Bounty Program」を実施

ゲーム開発 テスト・QA

LINE、脆弱性の発見者に報奨金を支払う「LINE Bug Bounty Program」を実施
  • LINE、脆弱性の発見者に報奨金を支払う「LINE Bug Bounty Program」を実施
LINE株式会社が、メッセージングアプリ「LINE」を対象に、サービスの脆弱性の発見を公募し報告者に報奨金を支払う「LINE Bug Bounty Program」を実施する。実施期間は8月24日~9月23日まで。

今回の施策は、ユーザーにより安心で安全なサービスを提供することを目的としたもので、期間内に報告されたLINEアプリの脆弱性を社内で確認・審査し、その内容が認められれば報告者名や脆弱性の概要を公表し、重要度に応じて1件当たり最低$500~$20,000の報奨金を支払う。また、脆弱性の公表及び報奨金の支払いは、該当脆弱性への対応が完了した後に行い、既にLINEにて把握しているものや他者によって先に発見・報告されているものは審査対象外となる。なお、対象はLINEアプリver 5.2以上で、その他LINEが提供する関連アプリ・サービスは対象外となる。

併せて、同社ではコーポレートサイト本日、LINE株式会社コーポレートサイトの改修を行い、プライバシーポリシーやセキュリティ強化への取り組みや体制、ユーザーがより安全にサービスを利用するための設定方法を掲示した「セキュリティ&プライバシー」ページを新たに追加した。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら