LINE、2015年Q2売上は前年同期比37%増の278億円・・・アジア注力が奏効 | GameBusiness.jp

LINE、2015年Q2売上は前年同期比37%増の278億円・・・アジア注力が奏効

企業動向 業績

LINEの業績推移
  • LINEの業績推移
  • LINE Lite画面イメージ
 LINEは30日、2015年4~6月期(第2四半期)の業績を開示した。全体の売上額は278億円で前年同期比37%増だった(LINE PLUS、LINE Business Partnersを含めた連結業績)。そのうちLINE事業単体では253億円を占めており、前年同期比39%増とのこと。

 LINEの月間アクティブユーザー数は、グローバルで約2億1,100万人。インドネシアで急拡大しているほか、ユーザー数は現在も増加中とのこと。スタンプ事業も好調で、クリエイターズスタンプ販売総額は89.4億円、販売金額上位10位クリエイターの平均販売額が1億円を突破するなど、こちらも拡大中だ。広告事業では、特にタイ、台湾、インドネシアでの公式アカウント開設数が順調に推移しているとのこと。

 代表取締役社長の出澤剛氏は、「インドネシアでのトップシェア獲得のための活動を行いつつ、インドネシアで習得した海外におけるユーザー獲得ノウハウの応用や、軽量版LINE『LINE Lite』の提供などにより新たな地域でのシェア獲得を推し進め、グローバル展開をさらに加速してまいります」とのコメントを寄せている。

LINE、2015年Q2売上は前年同期比37%増の278億円……アジア注力が奏効

《冨岡晶》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら