米大学で『マリオ』のステージを自動生成する学習型コンピューターが開発中 | GameBusiness.jp

米大学で『マリオ』のステージを自動生成する学習型コンピューターが開発中

ゲーム開発 研究開発

米国ジョージア工科大学より、『スーパーマリオブラザーズ』のステージを自動で作成する学習型コンピューターが開発中であると伝えられています。
  • 米国ジョージア工科大学より、『スーパーマリオブラザーズ』のステージを自動で作成する学習型コンピューターが開発中であると伝えられています。
  • 米国ジョージア工科大学より、『スーパーマリオブラザーズ』のステージを自動で作成する学習型コンピューターが開発中であると伝えられています。
米国ジョージア工科大学より、『スーパーマリオブラザーズ』のステージを自動で作成する学習型コンピューターが開発中であると伝えられています。

ジョージア工科大学の研究者Joshua Preston氏が投稿した記事によれば、このコンピューターはYouTubeやTwitchに存在するプレイ映像を確認し、ステージを自動生成するシステムを搭載しているとのこと。ステージデザインのルールやオブジェクト同士の関連性、そしてプレイヤーの行動を学習した上で、土管やブロック、コインや“クリボー”などを自動的に配置していくようです。

最先端技術を用いた進化版『Mario Maker』とも言えるこの自動制作コンピューター。開発を担当した研究者達は、「自動生成マップ」のゲームデザインにこの技術が応用されることを期待しています。
《GameBusinsess.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら