カジノにアーケードゲーム導入の動き、若いゲーマーがターゲット | GameBusiness.jp

カジノにアーケードゲーム導入の動き、若いゲーマーがターゲット

その他 その他

カジノで有名な米ラスベガスで、金銭を得ることができるギャンブルとしてスロットやポーカー以外に、アーケードゲームを導入する動きがあると海外メディアが報じています。

アーケードゲームをラスベガスのカジノでもギャンブルとして運用できるという新たな州法が、今年のネバダ州議会を満場一致で通過しました。これにより、シューティングやアクション、レースゲームといった、日本のゲームセンターにあるようなビデオゲームで勝利したりハイスコアを出すことで金銭を会得できるという、プレイスキルベースの新たなギャンブルが生まれる可能性があるとのことです。

この動きは、家庭用ゲーム機で育った若い世代を取り込むことが狙いとしてあるようですが、かつてゲームセンターから家庭用ゲームにユーザーが移行したのとは逆に、家庭用ゲームユーザーをカジノという大人のゲームセンターに取り込もうとする今回のニュース。米国ではゲームセンターはほとんどなくなり、日本も縮小傾向にある中で、この一件はゲームセンターで育ったゲーマーにとって感慨深いものがありそうです。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら