スマホゲームの市場規模が急拡大、特にマルチプレイゲームが大きく伸びる・・・AppAnnieとIDCの共同レポート | GameBusiness.jp

スマホゲームの市場規模が急拡大、特にマルチプレイゲームが大きく伸びる・・・AppAnnieとIDCの共同レポート

その他 その他

モバイルアプリのアナリティクスとインテリジェンスデータの提供を行っているAppAnnieとInternational Data Corporation (IDC)が、米ロサンゼルスにて開催されるE3の開幕に先駆け、オンラインマルチプレイヤー(OMP)のゲーム市場への影響を分析したIDCとの共同レポート「
  • モバイルアプリのアナリティクスとインテリジェンスデータの提供を行っているAppAnnieとInternational Data Corporation (IDC)が、米ロサンゼルスにて開催されるE3の開幕に先駆け、オンラインマルチプレイヤー(OMP)のゲーム市場への影響を分析したIDCとの共同レポート「
  • モバイルアプリのアナリティクスとインテリジェンスデータの提供を行っているAppAnnieとInternational Data Corporation (IDC)が、米ロサンゼルスにて開催されるE3の開幕に先駆け、オンラインマルチプレイヤー(OMP)のゲーム市場への影響を分析したIDCとの共同レポート「
モバイルアプリのアナリティクスとインテリジェンスデータの提供を行っているAppAnnieとInternational Data Corporation (IDC)が、米ロサンゼルスにて開催されるE3の開幕に先駆け、オンラインマルチプレイヤー(OMP)のゲーム市場への影響を分析したIDCとの共同レポート「IDC & App Annie共同調査レポート:オンラインマルチプレイヤーが変えるゲームの勢力図」を発表した。

このレポートは、世界中の主要なアプリストアや家庭用ゲーム機、PCなど世界中のプラットフォームのユーザーデータを元に分析されており、オンラインマルチプレイヤーゲームの最新状況が様々なプラットフォームに与える影響を紹介している。それによれば、2015年第1四半期のモバイルゲーム上位50本において、マルチプレイヤーゲームは消費者支出の約60%を占めたという。レポートは全文無料でダウンロードできる。概要は以下のとおり。

・モバイルゲームに対する消費者支出が大幅に増加
ゲームに対する消費者支出は、2014年第1四半期から2015年第1四半期にかけてiOS App Storeで約30%増加、Google Playで約50%増加しました。一方携帯ゲーム機のソフトウェア支出は前年同期比でほぼ横ばいです。また、ゲームへの消費者支出において、iOS App Storeではアジア太平洋のシェアが増加、Google Playでは北米のシェアが増加しました。

・オンラインマルチプレイヤーゲームは、セッション時間と消費者支出額がともに増加
2015年6月までの12カ月間に、ポータブル向けオンラインマルチプレイヤー(OMP)のユーザーの週間平均ゲームプレイ時間は、ポータブル全体のユーザー平均を約35分上回ると予想されます。また、2015年第1四半期のモバイルゲーム上位50本において、マルチプレイヤーゲームはダウンロード数の約30%しか占めていないにもかかわらず、消費者支出では約60%を占めました。

・Supercellは、2015年第1四半期の世界モバイルゲーム収益トップ10に、マルチプレイヤータイトルを3本ランク入り
『Clash of Clans』、『Game of War ― Fire Age』、『Boom Beach』、『Hay Day』のような都市建設/リソース管理およびタワーディフェンス系ゲームは、最近の四半期において特にマルチプレイヤーゲーマーからうまくマネタイズできています。これらのゲームはプレイヤー同士でチームを組めるようになっており、チームプレイは社会的な一体を生み、ゲームのエンゲージメントを高める傾向があります。

本レポート全文の無料ダウンロードは こちらから。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら