アップル、ドイツのAR企業のMetaioを買収 | GameBusiness.jp

アップル、ドイツのAR企業のMetaioを買収

その他 その他

VentureBeatなど複数の海外メディアによれば、米Appleがドイツ・ミュンヘンに拠点を置くAR(拡張現実)企業のMetaioを買収したという。

Metaioは2003年に設立されたAR企業で、ARブラウザアプリ「Junaio」やそのAPI、ARコンテンツ開発ツール「metaio Mobile SDK」、ARハードウェア・チップセット「AREngine」などを開発・提供してきた。同社のサービスは30以上の国・地域にて利用されており、日本でも多くの企業やサービスが活用してきた。ただし現在は同社の公式サイト上から全てのプロダクトページが削除され、新規ユーザー登録や購入などもできなくなっており、サポート用のメールアドレスのみが公開されている。ただしこのメールサポートも6月30日には終了する予定だという。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら