マイクロソフト、Xbox部門の人事を発表―Kudo Tsunoda氏が北米と欧州開発チームの責任者に | GameBusiness.jp

マイクロソフト、Xbox部門の人事を発表―Kudo Tsunoda氏が北米と欧州開発チームの責任者に

HoloLensやWindows 10など大きな動きが予想される マイクロソフト 。同社がXbox部門の新たな人事を発表しました。

その他 その他
HoloLensやWindows 10など大きな動きが予想されるマイクロソフト。同社がXbox部門の新たな人事を発表しました。

マイクロソフトの発表では、「Kinect」のクリエイティブディレクターを務め、先日発表された「HoloLens」の開発チームを率いているKudo Tsunoda氏が、北米と欧州におけるMicrosoft Studiosの責任者に就任しました。HoloLensの開発はそのままに、今までPhil Spencer氏が監督していた北米と欧州の開発チームをTsunoda氏が引き継ぐ形です。




その他、海外メディアGame Informerの報告によると、Black Tusk StudiosのGMだったHanno Lemke氏が、Microsoft Studios UKのGMに就任。加えてTsunoda氏と共にデンマークのPress Playも担当することになります。Hanno Lemke氏の後任としてRod Fergusson氏がBlack Tuskのスタジオヘッドに就任しています。



また、Lionhead Studioでスタジオヘッドを務めるJohn Needham氏はXboxの新規IPやHoloLensの開発にフォーカスするために異動。Big ParkのGM Wil Mozell氏が、Microsoft Studios CanadaのGMに就任することが明らかになっています。

リーダー級の大きな人事異動が明らかになったマイクロソフト。今回の異動が今後どのような影響を与えていくのか、大きな注目が寄せられています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら