海外大手ゲームブログメディア「Joystiq」が閉鎖 | GameBusiness.jp

海外大手ゲームブログメディア「Joystiq」が閉鎖

その他 その他

先日、当事者も知らない間に閉鎖されることが報じられた海外大手ゲームブログメディア「Joystiq」。本日Joystiqの編集長Ludwig Kietzmann氏が「There is No End(終わりは無い)」と題した最後の記事を投稿し、10年以上続いた更新を終了しました。

Joystiqの閉鎖に関しては、1月27日に海外サイトRecodeが報じ、当事者も把握していない寝耳に水な報道に「AOLはJoystiqを閉鎖するとRecodeが報じている。ちょっと待て…俺たちだ!」と記事化して、状況を確認していました。その後、1月30日に閉鎖することが発表されたものの、数日間は更新を続けると報告。そして本日、最後の記事が投稿され、歴史に幕を閉じました。

編集長Ludwig Kietzmann氏が最後に投稿した記事では、急遽知らされた閉鎖に対する心中を吐露しており、怒り、悲しみ、思い出、そして共に働いたスタッフと読者への感謝の気持ちが綴られています。

また、Joystiqの閉鎖に伴い姉妹サイトであるMMO専門サイトMassivelyも閉鎖し、合計で20名のスタッフが職を失ったことを報告。各スタッフは再就職先を探しており、LinkedInの登録リストが公開されています。

AOLの再編に伴い閉鎖されたJoystiq。この驚きの知らせに多くのゲーム情報サイトがお別れの記事を掲載しています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら