スーパーセル、スーパーボウルにてスマホ向けシミュレーションゲーム『Clash of Clans』のCMを放送 | GameBusiness.jp

スーパーセル、スーパーボウルにてスマホ向けシミュレーションゲーム『Clash of Clans』のCMを放送

その他 その他

フィンランドの  スーパーセル  が、2月1日に米アリゾナで開催された第49回スーパーボウルのテレビ放送にてスマートフォン向け戦闘シミュレーションゲーム『  Clash of Clans  』のCMを放送した。
  • フィンランドの  スーパーセル  が、2月1日に米アリゾナで開催された第49回スーパーボウルのテレビ放送にてスマートフォン向け戦闘シミュレーションゲーム『  Clash of Clans  』のCMを放送した。
フィンランドのスーパーセルが、2月1日に米アリゾナで開催された第49回スーパーボウルのテレビ放送にてスマートフォン向け戦闘シミュレーションゲーム『Clash of Clans』のCMを放送した。

スーパーボウルはアメリカンフットボール界最大の大会で、アメリカのスポーツ業界全体の中でも最も人気のあるイベント。そのためテレビ中継で放送されるCM枠も世界最高額で、現在では30秒枠で450万ドル(約5.29億円)とも言われており、毎回様々な企業が制作費を惜しみなつぎ込み斬新なCMを製作している。

スーパーセルがスーパーボールでCMを放送するのは今回が初めてで、俳優のリーアム・ニーソンを起用した1分間のCMを放送した。なお、リーアム・ニーソンを起用したのは、彼が出演した2010年の映画「タイタンの戦い(原題:Clash of the Titans)」とアクション映画シリーズ「96時間」のヒットにちなんだもの。このCMはスーパーボール用に制作されたオリジナルのもので、今後放送される予定はない。

《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら