インテル、モバイル向け第5世代Coreプロセッサーを発表―グラフィック性能が22パーセント向上 | GameBusiness.jp

インテル、モバイル向け第5世代Coreプロセッサーを発表―グラフィック性能が22パーセント向上

その他 その他

インテルは、米国ラスベガスで開催中のCES 2015で、Broadwellアーキテクチャーのモバイル向けの第5世代Coreプロセッサーファミリーを発表しました。

第5世代Coreプロセッサーは、14nmプロセス技術によって前世代のHasswellよりトランジスタ数が35パーセント増加した他、ダイの大きさが37パーセント縮小、グラフィック性能が最大22パーセント向上、動画変換が最大50パーセント高速化、バッテリー駆動時間が1.5時間に延長しています。

プロセッサーファミリーは、Core i7が5650Uから5557Uまでの5モデル、i5が5350Uから5257Uまでの6モデル、i3が5010Uから5157Uまでの3モデル、Pentiumが3805Uから3205Uまでの3モデルです。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら