App Annie、「Japanゲームアワード 2014年秋」の受賞作品を発表 | GameBusiness.jp

App Annie、「Japanゲームアワード 2014年秋」の受賞作品を発表

その他 その他

モバイルアプリのアナリティクスとインテリジェンスデータの提供を行っているApp Annieが、「Japan App Annie ゲームアワード2014秋」と題して、2013年9月から2014年8月を振り返り、最も実績の高かったゲームアプリを発表した。

同社の調査によれば、現在App Store/Google Playの両アプリストアにおいて日本は最も売上規模の大きいゲーム市場となっているという。「Japan App Annie ゲームアワード2014秋」は同社のデータであるApp Annie Intelligenceでのアプリストアでのダウンロード数や収益の推計値がをもとに選出されている。部門は「ロングセラー・アワード」「ファストムーバー・アワード」「マネタイゼーション・アワード」「ワールドワイド・サクセス・アワード」「トップ海外ゲーム・アワード」の5つで、各部門の概要とランクは以下のとおり。

■ロングセラー・アワード
ロングセラー・アワードは、App Annieの月間ランキングでTop 5にランクインした回数を元に選出された。対象となったのは2013年9月〜2014年8月の12ヶ月間に日本のiOS App Store、Google Playの月間ダウンロード数ランキング、または月間収益ランキングの上位5位以内にランクインした日本のゲームで、ダウンロード数や収益はApp Annie Intelligenceの推計データを元に集計されている。
App Annie、「Japanゲームアワード 2014年秋」の受賞作品を発表2
GungHo Onlineの「パズル&ドラゴンズ」は集計対象の12ヶ月間においてiOSとGoogle playの両プラットフォームで収益ランキングのTop 5を維持し続け、リリースから2年以上経過しているにもかかわらず隆盛を誇っています。それだけでなく、Google Playでは10回もダウンロード数ランキングのTop 5にランクインするほど、新規ユーザーを獲得し続けています。おそらく今後も月間ランキングに何度も顔を出すことでしょう。これに匹敵するのがCOLOPLの人気タイトル「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」です。集計対象の12ヶ月間中、iOSの収益ランキングに11回、Google Playでは12回ランクインしていました。

「パズル&ドラゴンズ」は2012年2月に「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」は2013年3月にリリースされました。両者はともにRPGやカードゲームの要素とシンプルなパズル、カジュアルゲームの要素を組み合わせたものですが、ストーリーライン、バトル、キャラクターの成長、モンスター育成、カード収集など、様々な要素が豊富に織り込まれています。このように豊かなゲーム性がプレイヤーが費やすプレイ時間を増やし、さらにはゲーム内課金の機会を生むことにもなっています。どちらのゲームも類似ゲームがまだ少なかった2012年後半から2013年前半にかけて大きく成長しました。最近、より多様なゲーム要素を統合したゲームがさらに増えています。その中から次のロングセラー・アワードが生まれるかも知れません。

■ファストムーバー・アワード
ファストムーバー・アワード(The Fast Mover Award)は、短期間で日別のダウンロード数や収益ランキングのTop 5にランクインしたゲームが選出された。2013年9月〜2014年8月の12ヶ月間に日本のiOS App Store、Google Playの月間ダウンロード数ランキング、または月間収益ランキングの上位5位以内にランクインした日本のゲームが対象となっている。
App Annie、「Japanゲームアワード 2014年秋」の受賞作品を発表3
「LINE POP」はiOS版のリリース当日にiPhoneランキングのトップに、Android版はリリース後3日目でGoogle Playのダウンロード数ランキングでトップとなりました。また、Google Playではリリース後9日目で収益ランキングのTop 5に入っています。同じくLINEプラットフォームの「LINE:ディズニー ツムツム」はiPhoneランキングではリリース後2日目に、Google Playのランキングではリリース後5日目でTop 5に入っています。2014年6月には「LINE サッカーイレブン」がリリース後4日目でダウンロード数ランキングのTop 5にランクインしています。以上のように、ゲーム配信プラットフォームとしてのLINEの存在感が目立ちます。公式発表によると、LINEの登録ユーザー数は2014年8月に世界中で4億9千万に達しているとのことです。

App Annie、「Japanゲームアワード 2014年秋」の受賞作品を発表5

App Annie、「Japanゲームアワード 2014年秋」の受賞作品を発表6

■マネタイゼーション・アワード
マネタイゼーション・アワードは、日本のiOS App Store、Google Playにおいて、そのゲームのリリース日から累積した収益を累積のダウンロード数で割った値(1ダウンロードあたりの収益)が最も高かったゲームが選出されている。2013年9月〜2014年8月の12ヶ月間に、日本のiOS App Store、Google Playの月間ダウンロード数ランキング、または月間収益ランキングの上位5位以内にランクインした日本のゲームが対象となる。
App Annie、「Japanゲームアワード 2014年秋」の受賞作品を発表7
ここでも「パズル&ドラゴンズ」が突出した存在でトップとなっていました。以降、「プロ野球PRIDE」や「戦国炎舞 -KIZNA-」が iOS App StoreとGoogle Playの両ストアで上位となっています。「パズル&ドラゴンズ」のほか、「プロ野球PRIDE」、「戦国炎舞 -KIZNA-」、「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」、「ドラゴンリーグX」といったゲームが他のゲームよりも上回っています。日本では、カードコレクションとロールプレイングのゲームが豊富なコンテンツを有しているため、他のジャンルよりも顧客生涯価値を増やしやすい傾向にあるようです。カジュアルゲームは、ダウンロード数を多く獲得できる一方、ユーザー一人あたりからの収益は少ない傾向にあるでしょう。

■ワールドワイド・サクセス・アワード
ワールドワイド・サクセス・アワードは、日本のゲームが日本国外の収益とダウンロード数ランキングで10位以内にランクインした回数を元に選出された。2013年9月〜2014年8月の12ヶ月間に日本以外の国のiOS App Store、Google Playの月間ダウンロード数ランキング、または月間収益ランキングの上位10位以内にランクインした日本のゲームが対象となる。
App Annie、「Japanゲームアワード 2014年秋」の受賞作品を発表7
日本のゲームが海外で成功を収めるには大きく二つのパターンがあるようです。ひとつは「パズル&ドラゴンズ」、「LINE Rangers」、「LINE ポコパン」のように日本のポップカルチャーの影響にあるゲームです。その国のポップ・カルチャーが日本のポップ・カルチャーから大きな影響を受けているような台湾、タイ、インドネシアなどでは、多くの若者が自然とLINEでコミュニケーションを行い、ポコパンをしながら電車を待ち、パズドラで夜更かしをしています。ちょうど、彼らがセブンイレブンで買い物をし、ワンピースを読み、AKB48を聴き、日本のテレビドラマを見るように。
もう一つのパターンは、「Knights & Dragons」や「Modern War」に代表されるように、日本のゲーム会社の海外スタジオや子会社によって作られるゲームです。これらのゲームは当初から北米やヨーロッパの市場向けに作られているため、文化の壁やローカライゼーションなどは問題になりません。日本のパブリッシャーが世界中へ進出を図るのであれば、より多くの西洋向けゲームが作られていくことでしょう。DeNAの海外スタジオによって作られた「Transformers: Age of Extinction」はその最新例の一つで、中国、アメリカのほか、西洋諸国で多くのダウンロード数を獲得しています。


■トップ海外ゲーム・アワード
トップ海外ゲーム・アワードは、日本において累積での収益やダウンロード数の多かった海外パブリッシャーのゲームが選出された。2013年9月〜2014年8月の12ヶ月間に、日本のiOS App Store、Google Playでダウンロード数や収益を得ていた海外パブリッシャーのゲームが対象となる。
App Annie、「Japanゲームアワード 2014年秋」の受賞作品を発表
世界規模でも成功している「Clash of Clans」と「Candy Crush Saga」が日本でも人気です。また、「Frozen Free Fall」と「Despicable Me」はそれぞれ、映画「アナと雪の女王」、「怪盗グルーのミニオン危機一発」のヒットが背景にあります。海外市場で成功した強力なゲームブランドやIPの力があれば、独自の際立ったポップ・カルチャーを持つような国でも成功できることを示しています。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら