グリーと千葉大学教育学部、今年もゲームと学びに関する授業を共同で実施 | GameBusiness.jp

グリーと千葉大学教育学部、今年もゲームと学びに関する授業を共同で実施

その他 その他

グリー株式会社 と千葉大学教育学部が、昨年に続き今年もゲームと学びに関する授業(科目:メディア
リテラシー教育演習、担当教授:藤川大祐、以下「本授業」)を共同で実施すると発表した。後期セメスター全15回2単位の授業として、本日10月7日から2015年1月27日の日
  • グリー株式会社 と千葉大学教育学部が、昨年に続き今年もゲームと学びに関する授業(科目:メディア
リテラシー教育演習、担当教授:藤川大祐、以下「本授業」)を共同で実施すると発表した。後期セメスター全15回2単位の授業として、本日10月7日から2015年1月27日の日
  • グリー株式会社 と千葉大学教育学部が、昨年に続き今年もゲームと学びに関する授業(科目:メディア
リテラシー教育演習、担当教授:藤川大祐、以下「本授業」)を共同で実施すると発表した。後期セメスター全15回2単位の授業として、本日10月7日から2015年1月27日の日
グリー株式会社と千葉大学教育学部が、昨年に続き今年もゲームと学びに関する授業(科目:メディア
リテラシー教育演習、担当教授:藤川大祐、以下「本授業」)を共同で実施すると発表した。後期セメスター全15回2単位の授業として、本日10月7日から2015年1月27日の日程で行う。

本授業は、受講する学生がゲーミフィケーションについて知識を身に付けることで、楽しみながら学べる授業を行える教育人材を育成することを目的に実施するもの。昨年は学生が数名ずつのチームに分かれて、「敬語を学ぶ」「防災シミュレーション」「元素記号を覚える」などをテーマとした学習ゲームを企画した。その企画をもとに、学生とグリーのエンジニアやデザイナーが協力し、2日間のハッカソンイベントで学習ゲームを開発した(昨年の授業についてはこちら)。本年度は、本授業を通じて制作した学習ゲームを使って千葉大学教育学部附属小学校の5年生を対象とした実習授業を開催する予定だという。授業内容は以下のとおり。

・学科(専攻):教育学
・科目:メディアリテラシー教育演習
・担当教授:藤川大祐
・日程:後期セメスター(2014年10月7日〜2015年1月27日)
・単位数:2単位
・受講者:主に教育学部の2年生〜4年生
・授業計画
– 第1回 オリエンテーション
– 第2回 学びの形の変化と現状
– 第3回 小学生を対象としたプログラミング教育
– 第4回 ゲーム・アプリ制作の基礎 ゲームの企画編
– 第5回 ゲーム・アプリ制作の基礎 デザイン編
– 第6回 アイディアソン(1)
– 第7回 アイディアソン(2)
– 第8回 チーム作業(企画書作成1)
– 第9回 チーム作業(企画書作成2)
– 第10回〜第13回 ハッカソン(制作)
– 第14回 千葉大学附属小学校での実習授業
– 第15回 振り返り
※第10回〜第13回は、グリー本社にて実施
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら