Oculus Riftの開発キット最新版「DK2」が出荷開始、第一陣は7月中旬に到着予定 | GameBusiness.jp

Oculus Riftの開発キット最新版「DK2」が出荷開始、第一陣は7月中旬に到着予定

その他 その他


現在のVR業界を牽引していると言っても過言ではないVRヘッドセットOculus Rift。今年3月には開発キットの最新版である「Development Kit 2(DK2)」の予約受付が始まっていましたが、Oculus VRは現地時間の7月1日よりDK2の出荷が開始された事を発表しました。

コミュニティーマネージャーAndres Hernandez氏の報告によれば、7月中に10,000台のDK2が工場から出荷され、その約半分が今月末までに購入者の手元に届くだろうとの事。第一陣は7月14日の週に到着が予定されています。

高解像度化、遅延や残像の抑制、位置トラッキングへの対応など、DK1よりもパワーアップしているDK2。4月中旬の段階で25,000台であった予約注文数も現在は45,000台にまで上昇しているそうです。

なお、生産が若干遅れており、一部購入者の出荷予定が7月から8月へとズレこむ可能性があるとしていますが、Hernandez氏は「私達は中国の工場で継続的な生産を管理するチームを持っています。キューに従いできるだけ迅速に作業を行うでしょう」と伝えています。

予約購入者には出荷の準備ができ次第、到着予定日や追跡番号などが記載された電子メールが送られます。配送先の住所等が間違っていると遅配が生じてしまうので予約購入者は専用ページにて情報の再確認をしておくと良いでしょう。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら