Riot Games、更なる優れたチーム構築に向けて早期退職金制度を採用 | GameBusiness.jp

Riot Games、更なる優れたチーム構築に向けて早期退職金制度を採用

その他 その他

『League of Legends』を運営するRiot Gamesが、同社を早期退職する社員に向けて「Queue Dodge」と呼ばれる新たな退職金プログラムを採用することを発表しました。

「Queue Dodge」は入社60日以内で退職を検討している新規スタッフ向けのプログラムとなっており、希望者には年俸の一割を早期退職金として支払うシステムとなっています。「Queue Dodge」の最大金額は25000ドルと設定されているようです。

この早期退職金プログラムは米国の靴販売店Zapposの経営論から影響を受けており、同社では研修期間中に新人社員に対し「今すぐ辞職するなら数千ドルを支払う」と持ちかけ、就業形態への熱意を改めて確認するような制度を取っていました。Riot GamesからのコメントにもZapposの姿勢が引用されており、Riot Games公式Webサイトでは下記のようなコメントが掲載されています。

「もし私達のユニークな風習が束縛され不自由なものになっていたら、スタッフは給与のみを目的とした不親切な労働に従事していたでしょう。初めて聞いたときは馬鹿げているとも感じましたが、Zapposの最高経営責任者Tony Hsieh氏もこう伝えています。“私達はお金よりも会社にいることを選んだ方々を大事にしたい。当社の長期的な経営ビジョンを信用してくれる、私達の文化を担う一部となってくれる人材を求めているのです”と。」
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら