コロプラ、『軍勢RPG 蒼の三国志』の台湾・香港・マカオ展開のため中国ゲーム大手の崑崙とライセンス契約 | GameBusiness.jp

コロプラ、『軍勢RPG 蒼の三国志』の台湾・香港・マカオ展開のため中国ゲーム大手の崑崙とライセンス契約

その他 その他

株式会社コロプラ  が、同社が提供する三国志をモチーフとしたスマートフォン向けソーシャルRPG『軍勢RPG 蒼の三国志を台湾・香港・マカオにて配信するため  北京崑崙万維科技有限公司  と独占的ライセンス契約を締結した。
  • 株式会社コロプラ  が、同社が提供する三国志をモチーフとしたスマートフォン向けソーシャルRPG『軍勢RPG 蒼の三国志を台湾・香港・マカオにて配信するため  北京崑崙万維科技有限公司  と独占的ライセンス契約を締結した。
株式会社コロプラが、同社が提供する三国志をモチーフとしたスマートフォン向けソーシャルRPG『軍勢RPG 蒼の三国志を台湾・香港・マカオにて配信するため北京崑崙万維科技有限公司と独占的ライセンス契約を締結した。

『軍勢RPG 蒼の三国志は「三国志」をモチーフとしたオンラインバトルゲーム。プレイヤーの操作が戦況を左右する「リアルタイムストラテジー要素」や軍勢を直接触って動かしながら敵を攻撃するスマートフォンならではの「直感操作」、軍勢強化の鍵を握る「国づくり」などの要素がユーザーから高く評価されており、日本国内では既に500万ダウンロードを突破している。

今回のライセンス契約により、今後崑崙が同タイトルのローカライズ開発、運営、配信、マーケティングを行い、2014年5月より台湾・香港・マカオのGoogle PlayとApp Storeにて提供を開始する予定とのこと。

《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら