Oculus Riftの開発キット「DK2」が発売から1ヶ月未満で2万5千台を販売、初代「DK」とあわせて8万5千台の売り上げ | GameBusiness.jp

Oculus Riftの開発キット「DK2」が発売から1ヶ月未満で2万5千台を販売、初代「DK」とあわせて8万5千台の売り上げ

その他 その他

今年1月にも「Crystal Cove」としてお披露目され、3月20日にも予約が開始されたOculus Riftの「Development Kit 2」。まだ現時点で一般ユーザー向けではなく開発機と位置づけされている「DK2」ですが、早くも発売から1ヶ月が経過しない内に2万5,000台を販売していたことが明らかとなりました。

これはテック系の海外メディアTechcrunchがOculus Rift社より得た情報で、第2世代開発キット「DK2」は現地時間3月19日の予約開始から2万5,000台を販売したとのこと。すでに今年3月には第1世代開発キット「DK1」の発売終了と共に「DK1」が6万台を売り上げたことが明らかにされており、Oculus Riftの開発キットは合計で8万5千台以上を売り上げた計算となります。

一方で海外メディアPC Gamerではこの報道に対し、「DK2」の予約販売が開始された数日後にFacebookによるOculus Rift買収があったことを指摘し、多数のユーザーらが予約をキャンセルした可能性が考えられると報道。この件についてOculusに返答を求めたものの、いまだコメントは得られていないとしています。

有機ELディスプレイや追加カメラによる位置トラッキング、モーションブラーの劇的な改善などが盛り込まれている「Oculus Rift Development Kit 2」は350ドルにて販売中。第1弾ユニットの出荷は2014年7月が予定されています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら