ベーシック、スマホアプリ事業を分社化し「株式会社フルセイル」を設立 | GameBusiness.jp

ベーシック、スマホアプリ事業を分社化し「株式会社フルセイル」を設立

その他 その他

株式会社ベーシック  が、スマートフォンアプリ分野の事業を強化するため、社内の同事業部門を分社化し子会社「  株式会社フルセイル  」を2月下旬に設立すると発表した。
  • 株式会社ベーシック  が、スマートフォンアプリ分野の事業を強化するため、社内の同事業部門を分社化し子会社「  株式会社フルセイル  」を2月下旬に設立すると発表した。
株式会社ベーシックが、スマートフォンアプリ分野の事業を強化するため、社内の同事業部門を分社化し子会社「株式会社フルセイル」を2月下旬に設立すると発表した。

ベーシックでは2012年にスマートフォン向けカジュアルゲーム『マッチに火をつけろ』をリリースしてから累計900万ダウンロード以上となるアプリを配信しているほか、スマートフォン向けゲーム専用のアドネットワーク「GAMEFEAT」(ゲームフィート)といったサービスを提供してきた。今回スマートフォンアプリに関する事業を分社化・専門化することで、よりスピーディな経営体制を確立しシェア拡大及び新しい価値の創出を行なっていくとしている。新会社の概要は以下のとおり。

商号:株式会社フルセイル(Fullsail, Inc.)
所在地:東京都千代田区一番町17-6 一番町MS ビル1F
代表者:代表取締役 有賀 之和
設立年月日:2014年2月下旬
資本金:1,000万円
株主:株式会社ベーシック(100%)
決算期:12月
事業内容:スマートフォンアプリ開発
およびアドネットワークの運営・開発
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら