任天堂、オーストリアに新オフィスを設立 | GameBusiness.jp

任天堂、オーストリアに新オフィスを設立

その他 その他

derStandard.atの報道によれば、任天堂はオーストリア・ウィーンに新オフィスを開設したとのこと。

任天堂は1979年以来、オーストリアでは現地ディストリビューターのStadlbauerを正規代理店として起用。同国でのゲーム販売を行ってきましたが、今回契約を終了。今後は自社での展開を行っていくこととなりました。

オフィスは任天堂オブアメリカの一部門、Nintendo Germanyの傘下に置かれる模様。Nintendo GermanyのBernd Fakeschゼネラルマネージャーは「今回の決定は成長を続けるオーストリア市場をより強化したいという思いの表れです」とコメントしています。

任天堂の業績悪化の背景には、欧州市場での不振もあり、新オフィスの設立は応手での挽回という狙いがありそうです。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら