中国のスマホ向けゲームパブリッシャーのYodo1、世界1億ユーザーを突破 | GameBusiness.jp

中国のスマホ向けゲームパブリッシャーのYodo1、世界1億ユーザーを突破

その他 その他

中国・北京に拠点を置くスマートフォン向けゲームパブリッシャーの  Yodo1(游道易)  が、同社が提供するゲームのユーザーがグローバルリージョンにて1億人を突破したと発表した。
  • 中国・北京に拠点を置くスマートフォン向けゲームパブリッシャーの  Yodo1(游道易)  が、同社が提供するゲームのユーザーがグローバルリージョンにて1億人を突破したと発表した。
中国・北京に拠点を置くスマートフォン向けゲームパブリッシャーのYodo1(游道易)が、同社が提供するゲームのユーザーがグローバルリージョンにて1億人を突破したと発表した。

Yodo1は2011年に設立されたスタートアップで、欧米のスマートフォン向けゲームを翻訳・カルチャライズして中国のユーザーに向けて提供している。ただテキストを翻訳するだけでなく、仮想アイテムのデザインやBGMといった細かい部分も中国の文化や風習、嗜好に合わせて調整して配信するのが特徴で、アプリ内課金の決済も中国のシステムに合わせて提供する。

今回の1億ユーザー突破を牽引したのは物理パズルゲーム『Cut the Rope 2』の中国版で、iOS版だけでもリリースから10日で200万ダウンロードを達成したという。さらに中国国内の主要なAndroidアプリのマーケットプレイスでも配信を行っており、同社では2月末までに2000万ダウンロードを達成すると見込んでいるとのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら