中国のスマホ向けゲームパブリッシャーのYodo1、500万ドル資金調達 | GameBusiness.jp

中国のスマホ向けゲームパブリッシャーのYodo1、500万ドル資金調達

その他 その他

中国・北京に拠点を置くスマートフォン向けゲームパブリッシャーの  Yodo1(游道易)  が、シンガポールのベンチャーキャピタルである  SingTel Innov8  から500万ドル(約4.9億円)の資金調達を行った。
  • 中国・北京に拠点を置くスマートフォン向けゲームパブリッシャーの  Yodo1(游道易)  が、シンガポールのベンチャーキャピタルである  SingTel Innov8  から500万ドル(約4.9億円)の資金調達を行った。
中国・北京に拠点を置くスマートフォン向けゲームパブリッシャーのYodo1(游道易)が、シンガポールのベンチャーキャピタルであるSingTel Innov8から500万ドル(約4.9億円)の資金調達を行った。

Yodo1は2011年に設立された中国以外の国のディベロッパーが開発したスマートフォン向けゲームを翻訳・カルチャライズし、中国のユーザーに向けて提供しているスタートアップ。ただテキストを翻訳するだけでなく、仮想アイテムのデザインやBGMといった細かい部分も中国の文化や風習、嗜好に合わせて調整して配信するのが特徴で、アプリ内課金の決済も中国のシステムに合わせて提供する。現在同社が有する月間アクティブユーザー数は約2500万人で、毎月500万〜600万人のペースで新たなユーザーが増えているという。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら